マジックに使われる道具

プロのマジッシャンが使う道具には、実に様々なものがあります。例えばどのような物があるのでしょうか?

まず、「クロースアップマジック」では、トランプやコインといった比較的小さな道具が多く使われています。トランプは、マジック界ではカードと言われるそうで、クロースアップマジックの中では最もよく使われるものです。

コインは、主にアメリカの50セントコインのハーフダラーや、一回り大きい1ドルコインのワンダラーが使われることが多いそうです。また、日用品のペンや輪ゴムをマジックに使うこともあるそうです。

次に「サロンマジック」では、カードやコインに加え、ロープやハンカチ、リングなども使われるそうです。

そして「ステージマジック」では、シンブル、ボール、リング、カード、CDなどがあり、ステージマジックで使われる基本的な現象は、出現、消失、変化系のマジックが多くみられます。

「シンブル」というのは指貫のことをいい、指先に色のついた指貫をつけそれを消したり出現させたり色を変えたりするマジックのことです。また、「ウォンド」というものがありますが、マジシャンの使う杖のようなもので、これも基本的に消したり出現させたり色を変えたりというマジックに使われています。

他にも「CD」というものがありますが、これは最近になって出てきたマジックだと思われます。現象はやはり、出現、消失、カラーチェンジのようです。

このように、実に様々な道具があるようですが、これらはマジシャンにとって、とても大切な物であり、そこに隠されているマジシャンの技術こそが、最大のトリックなのだと思われます。