簡単トランプ手品

| コメント(0) | トラックバック(0)

トランプ手品やり方を紹介します。

このトランプ手品は大勢の人が集まる、忘年会や新年会、宴会などでもできるトランプ手品です。

このトランプ手品は、もう一人の協力が必要なのですが、一緒に協力してもらえる人がいると、仲間意識が強くなりコミュニケーションとしてもとても役立つと思います。
 
このトランプ手品の現象はテーブルの上に並べた 10枚のトランプから、観客の一人が好きなカードを1枚選びます。

その選んだカードをマジシャンが当てる!という現象です。
 
そのとき、マジシャンの協力者として、一人が次々と カードに指なり棒などを使って、選ばれたカードは、 「これです」と言って全部のトランプを指摘していきます。

そして最後にマジシャンは「あなたの選んだカードはこれです」と当てます。



 
では、このトランプ手品の種明かしとやり方を説明いたします。

タネとなるカードはダイヤの10となります。
 
 
ダイヤの10と、この10枚のカードの配列は同じですね。

協力者は、ダイヤの10のカードのところで、相手の選んだカードと同じ場所を指してあげるのです


例して、観客がクラブのキングを選んだとします。


協力者は、次々と「選んだカードはこれです!」 と言いながら、すべてのカードを指していきます。
 
そして、ちょうどダイヤの10のカードのところにきたら、クラブのキングと同じ位置、つまり右側の一番上のところに、指なり棒なりを示してあげるのです。
 
そうすると、マジシャンは、相手の選んだカードの位置がわかるということになります。

原理は単純ですが、いろいろな演出を工夫することで、大勢が集まったときなどは、とても楽しめるトランプマジックの一つかと思います。

たとえば、忘年会や宴会などの余興として、使うこともできます。
タネがわかった人から 景品をあげるなどすると、盛り上がかもしれませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hello-magicians.net/blog/mt-tb.cgi/7

コメントする

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30